『M&Nコイル』とは?

阪神・淡路大震災をきっかけに誕生した『M&Nコイル』

新技術工法『M&Nコイル』は、阪神・淡路大震災などの大地震で被害が大きかった住宅の基礎の特徴として、鉄筋からコンクリートが剥がれ落ち、崩壊しているケースが多いことに着目して開発されたスプリング状補強部材です。2.9~3.0㎜の鋼線を65㎜径・長さ550㎜のコイルスプリング状に成型したもので、基礎の鉄筋にはめてコンクリートを打設すると、コイルスプリング状の鋼線がかぶりコンクリートを鉄筋に拘束。基礎コンクリートの強度を高める役割を果たします(特許・商標登録取得済み)。

(特許・第4853748号、商標登録・第6164705号)

(有)リホームセンターマエダの
M&N特許工法とは

【請求項1】
連続リング状のリング周辺に、1周回毎に1箇所、リング周辺から中央に至る形状の取り付け部分を設け、鉄筋を取り付け部分に嵌め込んで、リング中央に前記鉄筋を定着する、嵌め込み用にしてなるコンクリート付着部材

【請求項2】
鉄筋構造体の出隅、隅部の交差部付近のシングル配筋に、請求項1記載のコンクリート付着部材を配備し、付着量の増加によって強化されたコンクリートを用いるコンクリート構造物

『M&Nコイル』施工動画

施工動画・その1
施工動画・その2

『M&Nコイル』大規模現場施工例

『M&Nコイル』の仕様

■同心タイプ■


■偏芯タイプ■

種類サイズ(mm)入数(箱)価格(税別・送料別途)
亜鉛メッキ鋼線タイプ線径∅2.9×
直径65×
長さ550
25本¥1,600/本
ピアノ鋼線タイプ線径∅3.0×
直径65×
長さ550
25本¥1,280/本
※いずれも同芯タイプ・偏芯タイプの両方を用意しています

●有限会社リホームセンターマエダが開発した補強部材です。
●亜鉛メッキ鋼線タイプは錆びにくい加工を施した高耐久タイプです。
●ピアノ鋼線タイプは線径∅3.0mmで幅広くご利用できます。
●設置箇所につきましては設計者の方が判断することになります。
●標準サイズ以外のカスタムオーダーも可能。受注生産で発送まで20日前後となります。
●出荷には箱単位となります。